保証人も過払い金の返還請求をすることが可能です

バナー

保証人も過払い金の返還請求をすることが可能です

貸金業者から融資を受けるときに、保証人や連帯保証人が必要な場合があります。
債務者本人に代わって保証人が返済を行っていることもあり、このときに利息制限法を超える金利で支払いをしていたときには、債務者本人か保証人かに関わらず、過払い金の返還請求を行えます。保証人や連帯保証人が過払い金の返還請求ができるパターンとしては、債務者が返済している時点ですでに払い過ぎた利息がある場合と、債務者が支払うことができなくなった後に、保証人が代わりに弁済しているときに過払い金が生じた場合の2種類があります。

前者については債務者と保証人の両方が返還請求を行うことが可能で、後者の場合には保証人のみが請求することができます。

保証人や連帯保証人が返済をしている過程で、債務者本人が過払い金が生じていることに気付くケースがあると思います。



そのときに保証人に代わって債務者本人が返還請求することが可能かどうかについては、行うことはできません。

過払い請求に関する企業の一覧です。

過払い金の返還請求は不当利得を返してもらう手続きに該当しますので、取り戻す手続きを行えるのは本人のみとなります。

この場合に債務者の許可を得る必要はなく、債務者の代わりに保証人として返済をしてきた明細書を提示するなどの証明が行えれば手続きができます。保証人として返済をしてきた人が、利息の払い過ぎが生じていることに気付いたときには、本人が弁護士などの法律の専門家にできるだけ素早く依頼をすることをおすすめします。

Infoseek ニュースの情報がてんこ盛りのサイトです。