置いたら泣く赤ちゃんに困った時は

バナー

置いたら泣く赤ちゃんに困った時は

生後間もない赤ちゃんはしゃべる事ができないので泣く事で色々なサインを出します。

おむつが気持ち悪い時、眠たい時、お腹が空いた時など泣き出す理由は様々ですが、赤ちゃんは成長と共にだんだん知恵がついてきて、お母さんに抱っこしてほしい時も甘えて泣きだします。

しかし、泣く度に抱っこしてあげる癖をつけると、赤ちゃんは泣けば常に抱っこしてもらえると思い込んで抱っこをやめて下に置いたら泣くようになります。

All Aboutに関する特集が満載です。

この置いたら泣くのは赤ちゃんの習性のような物で、避けては通れない道なのですが、置いて泣き出したからと言ってすぐに抱っこせず、しばらくの間そのまま泣かせておく事が抱き癖をつけないコツです。特に最初に生まれた子供は、甘やかしてしまいがちなのですが、後々自分がきつくなるので気を付けましょう。


子供が小さい間は食事の支度や掃除、洗濯で忙しい日々が続きます。

安心できる赤ちゃんが置いたら泣く情報は必ず役に立ちます。

そんな中赤ちゃんが泣く度に抱っこしていたのでは家事が進みませんし、自分自身疲れてしまいます。泣き出しても抱っこしなければ、子供自身も泣いても抱っこしてもらえない事を学び置いたら泣く回数も徐々に減っていくでしょう。


子育ては決して楽ではありませんし、思い通りに行かない物ですので、無理をすると精神的にも体力的にも負担が大きくなり子供に対しても優しく接する事ができなくなってしまう可能性もあります。



そのような事にならない為にも、ある程度手抜きをして余裕を持つ事が自分にとっても子供にとってもよい環境を作ります。